玖珠町町議会の一般質問にて、キリカブランコを取り上げていただきました!

 
3月17日の大分合同新聞の記事です。
玖珠町町議会でキリカブランコについて一般質問でとりあげてくれました。
キリカブ山の町を一望できる場所にブランコをつくり、玖珠町を元気にしたい!!
皆様のお陰でブランコ設置に向け建設的に話が進んでいます。
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以下、大野町議の一般質問の内容を抜粋いたします。
 
○伐株山の文化財について
→~伐株山の文化財的価値の説明~
→社会教育課としては「角牟礼城」とともに「伐株山城」を活用していきたい。
○伐株山は文化財指定、調査は?
→文化財としての指定は行っていない。角牟礼の国指定後に伐株山城の国指定に向けて行う予定であった。
→昭和54年に行った発掘調査の記録・発掘品は残っている。
○調査から40年も経って指定しなかった経緯は?文化財の看板がボロボロではないか?
→経過は把握していない。
→予算の範囲で改修していきたい。
○ブランコ設置は可能か?
→委員会がイベントを行ってきたが、この段階では仮設であり問題ないという認識だった。
→その後、常設をしたいという希望を受けて協議を数回行った。耐久性・安全性・老朽化後の処分など不明な点、課題がある。
○本件における「協働」について町長はどう考えるか?
→昔なら門前払いのことも今はどのように参画するかを尊重する時代。文化財と公園を並行して検討しなければ。委員会から重力式の提案もあり、到達点はあると思う。
○チャンスととらえ、トップとして判断してもよいのでは?希望にこたえてもらいたい。5月までに方向性を決めることはできないか?
→計画に向けて5月までの方向性の決定は難しい。計画では文化財と公園の共存に向けて協議したい。
・5回でも10回でも協議を行い、方向性を出してもらいたい。
○『とことん玖珠町』で伐株山の魅力創出について議論しては?
→可能。開催時期はわからない。パラグライダー、コミュニティ、地元など多くの町民に参加してもらいたい。
○ブランコの提案は自由でユニークなものであり、協働のチャンスととらえてもらいたい。
○人の動きを点から面へつなげてもらいたい。前向きな答えを期待する。早期の全体計画を期待したい。
委員会

前の記事

第2回定期協議会
委員会

次の記事

第3回定期協議会